ピアノの移動は難しい

引越しの際にネックになるものは大きく重たいものです。中でも悩ませるものにピアノがあり、下手に移動すると調律する必要があり費用がかさみます。実はピアノの移動を専門にしている業社も存在します。

格安引越しの活用

引越しをする際に困るのが荷造りと荷物の移動ですが、最近では格安を売りにしている業社も多く存在します。予算が厳しいという方はこれらのサービスを利用するのも1つの手で、スムーズな引越しが可能でしょう。

物流コストの低減

物流加工とは、パーツの状態で輸送を行ない、最終的に組み立てを代行し、納入する流れのことを言います。物流加工には、いくつかのメリットがあり、応用や工夫などもすることができます。

ピアノは非常に繊細

お引越しを考えている方にオススメの赤帽のサービスがこちら!単身者向けのプランもあるので安心できます。

引っ越しは見積もりで費用をチェックするのが大切なポイント!お得に引っ越しするためにも、事前にこちらで一括見積もりを出してみましょう。

部屋内でのピアノの移動

部屋のインテリアやレイアウトを変えるため、ピアノの位置も変えてみたいといったこともあります。しかし、アップライトで250kg、グランドでは300kg以上とかなりの重量があります。部屋内の移動だから別に業者を頼まなくてもなんとかなるだろうとなりますが、そうはうまくいかないのです。ムリに動かそうとするとけがをしてしまったり、ピアノにキズがついてしまったり、フローリングにきずがついてしまったりと、ちょっとの移動でさえも重労働で危険を伴います。たとえ動かすことができたとしてもちょっとの振動で音が変わってしまう繊細な楽器ですので、やはり専門の業者に依頼してプロのスタッフにまかせることが一番安全に運べるのです。

設置をする場所について

ピアノは、かなりの重量があります。ちょっと動かすだけでも床にきずをつけてしまいます。しかし、自宅に和室しかなくフローリングではなく畳だという場合ですが、畳の上にそのままピアノを移動させると畳はでこぼこがありますのでとても不安定です。地震が起きた時などには倒れやすくなってしまいます。本来であればフローリングの上の安定したところに移動させたいのですが、専門業者によっては畳の上に設置しても問題ないように専用のじゅうたんを用意してくれますので、和室であろうが洋室であろうが安心してピアノを移動させることができます。また、直射日光があたるような場所だと、日光でピアノが変色してしまうのでそのような場所には向かないです。

引越し業者をランキング形式で比較することができます!料金だけではなく、安全度も高い業者だから安心して任せられます。