物流コストの低減

物流加工によって物流コストを低減する

物流加工とは、パーツの状態で輸送を行い、物流業者が最終的に組み立てを代行して納入するものです。物流加工が注目される理由は安い物流コストです。組み立てられた状態で輸送を行うと物が大きくなってしまうため物流コストは高くなりますが、パーツの状態で輸送することによってコストを抑えることができます。 そのため物流業者は加工まで請け負うことで安い物流コストを提示しつつ一定の加工賃も確保できるので盛んになっているのです。納入される側も、納入後に組み立てる手間を省くことができ、物流加工ビジネスはWINWINの関係が成り立っています。 加工賃を含めても安い物流コストを提示できる秘密は流通過程の管理方法にあります。物流加工全体をWEBでリアルタイム管理することによって効率化を図っています。

物流加工でこんなことまでできちゃう

物流加工では、まず初めに検品が行われ、加工を始める前に製品の数が合っているか、汚れたり壊れたりしていないかが確認されます。 検品が終わると、決められた物流加工の仕様に従って、包装作業や封入作業、組立作業など様々な加工が行われます。 工場で製造された製品の状態から、流通加工のプロセスにおいて、様々な付加価値を付けることができるのが、流通加工の大きな魅力となっています。 物流加工のユニークなサービスとして、アソートとよばれる作業があります。アソートとは、復数の商品を流通加工において、詰め合わせてセットの商品に仕立て上げることをいいます。 別々の工場で生産された商品が、物流加工を行う場所に運び込まれ、アソートによって一つの商品として次の流通プロセスに流されていきます。